沢井記念乳腺クリニック手術について
乳がんについて
まずは検査をうけましょう

乳癌の手術には大きく分けて乳房切除術を乳房温存術があります。
以前は乳房を大きく切除すればするほど再発が少なくなるのではないかという考えから胸筋合併乳房切除術などの拡大手術が行われた時代がありましたが、実際には再発が減少しないことが分かってきました。
このため、近年では乳房切除術に代わって乳房温存手術が広く行われるようになってきました。

乳癌の手術の基本は癌組織を完全に切除することですが、取り残しをなくそうとして切除範囲が大きくなればなるほど残った乳房が変形します。
このため、当クリニックでは術前化学療法によって癌を小さくしてから手術を行う、広背筋皮弁による乳房同時再建術を行う、なるべく目立たない部分に皮膚の切開を加えるなどを組み合わせることによって乳癌の根治性と整容性を両立させることに努めています。

乳癌の手術と言えばかつては術後に手が挙がらなくなるとかリンパ浮腫で手がむくむといったことが起こっていましたが、これは腋窩のリンパ節を広範囲に切除していたことが主な原因でした。
最近では術前の検査で腋窩リンパ節の転移が確認されない場合は、手術で腋窩のリンパ節を完全に切除する代わりにセンチネルリンパ節生検といって乳腺に一番近いリンパ節だけを試験的に切除して手術中に癌の転移が無いかどうかを診断する方法が開発されました。
一般的には色素法によってセンチネルリンパ節がどこにあるかを調べますが、当クリニックでは色素法とRIシンチクラフィを併用することによってより確実なセンチネルリンパ節生検を行っています。
また院内で手術中に病理標本を作製しリンパ節に転移が無いかどうかの診断を病理の専門医が行っています。

乳癌の手術は全身麻酔で行ないますが、原則として手術の当日から歩行ができますし、
術後も早期から専門の看護師がリハビリの指導を行います。

通常の場合、手術の前日に入院して頂き、術翌日あるいは3〜4日で退院が可能です。
また線維腺腫や乳輪下膿瘍など良性の疾患に対する手術は原則として局所麻酔下で行いますので、日帰り手術が可能です。



copyright