京都の乳腺外科、乳がん・乳腺専門クリニックの沢井記念乳腺クリニック

ご予約・お問い合せはこちら

手術について


乳房再建術


乳がんで失われた乳房を取り戻す手術を乳房再建と言います。

最近の整容的ニーズの高まりから、当院では乳がんの手術はもちろんのこと、乳房再建にも力を入れています。

再建には2つの方法があります。自分のからだの一部を使用する「自家組織法」と人工乳房(インプラント)で行う再建法があります。また行う時期も乳がんの切除術と同時に行う一次再建と、切除術後期間をおいて行う二次再建があります。いずれの再建法も再発診断の遅れにつながることはありません。

どの再建方法を、いつ受けるか、様々な選択肢があります。担当医と充分に相談し、各個人にあった再建法を検討するのが良いでしょう。


同時再建 異時再建
再建回数1回 1次1期再建 2次1期再建
再建回数2回 1次2期再建 2次2期再建
メリット コスト削減
手術回数少ない
ボディイメージ維持
精神的面安定
断端確認ができる
すべての術後補助療法が可能
デメリット 手術時間が長くなる
皮弁壊死の可能性
術後放射線療法が必要となる場合あり
手術回数が増える
放射線療法後は限定される

自家組織による再建

筋皮弁法(広背筋皮弁法、腹直筋皮弁法)

背中やお腹の皮膚、脂肪、筋肉に血管をつけたまま胸に移植して乳房をつくる方法です。背筋と腹筋を用いる方法があり、それぞれ「背広筋皮弁」「腹直筋皮弁」と呼ばれています。皮膚が足りているときは筋肉と脂肪だけで移植し、これを「筋脂肪弁」といいます。

この手術は自分の組織で再建したいという患者さんや、大胸筋を合併切除した患者さん、放射線治療によるダメージでインプラントを使用できない患者さんに用います。胸部の乳房切除術による傷跡に加えて、背中やお腹にも傷跡を残します。

当院では、術後の機能障害ができるだけ少ない背広筋皮弁による再建術を行っています。

移植した皮膚や皮下脂肪が、時に血の巡りが悪くなって腐る(壊死)ことがあります。壊死しやすい原因として肥満や喫煙、糖尿病などがあります。またこの方法は移植した乳房の主体が筋肉であるため、しばらく使われなかった筋肉が時間とともに萎縮し、再建した乳房が小さくなってしまい左右対称性が損なわれます。

広背筋皮弁法
広背筋皮弁法


穿通枝皮弁法

腹部や大腿部、臀部、背部より血管付き脂肪および皮膚を採取し、顕微鏡下に血管をつなげる方法です。高度な技術を要するため、限られた施設でしか行えません。筋皮弁法同様、血管がつまると脂肪が死んでしまうことがあります。

穿通枝皮弁法


人工乳房(インプラント)による再建

この方法はインプラントを被う胸筋と十分な量の皮膚がある場合に限られます。脇の下、またはがん切除時の傷跡を切開し、大胸筋の下につくった空間にティッシュエキスパンダーという組織拡張器を入れて、その中に生理食塩水を徐々にいれて皮膚を伸ばし乳房の形に膨らませます。十分に皮膚が伸びてから人工乳房(インプラント)に入れ替えます。

エキスパンダーやインプラントは人工物なので感染を起こした場合には取り除くこともあります。また下垂のある乳房を再現することが難しく、乳房は加齢とともに下垂してくるため左右のバランスが悪くなることがあります。

当院では乳房切除術と同時にエキスパンダーによる再建術を施行しております。インプラントへの入れ替えと乳頭乳輪再建は、連携医療機関で行います。 ご希望の方は、担当医とご相談ください。

エキスパンダーへ生理食塩水を数回注入し、皮膚を伸展し乳房の形に膨らませる


利点 欠点
筋皮弁法 自分の組織を使う
柔らかい
身体への負担が大きい
別部位に傷跡が残る
手術時間が長い
穿通枝皮弁法 筋肉を残せる
自然な柔らかさ
下垂乳房も作れる
入院期間が長い
血管がつまると組織が死んでしまう
シリコン
インプラント法
簡便
手術時間が短い
形がきれい
オーダーメイドではない
被膜拘縮の可能性
感染症
時間経過で左右対称性が失われる

乳輪・乳頭の再建

乳房のふくらみが再建されて数ヶ月を経てから、乳輪、乳頭の再建を行うことが一般的です。乳輪・乳頭は位置が少しでもずれるとおかしくなってしまうため、乳房の大きさ、形が落ち着いてから行うことをおすすめしています。

(1)乳頭:健側からの乳頭移植、乳頭形成術の後にタトゥーで色をつける
(2)乳輪:鼡径部からの皮膚移植、健側乳輪より移植、タトゥー

乳輪・乳頭を健側から移植する方法は、つまみ出すことが可能な乳頭を再建できます。健側は少し小さくなりますが、感覚も変わらず、傷は全くわからなくなります。健側に採取するだけの大きさがない場合や、両側の再建を行っているケースでは、乳輪は鼡径部から植皮し、乳頭は再建された乳房の皮膚を切って組み立てる局所皮弁で再建する方法が用いられます。この方法だと、乳頭の支柱が柔らかく、ブラジャーの装着やうつぶせ寝でつぶされると、平坦化しやすくなります。支柱をしっかりさせるために耳の軟骨を一部採取し、支えにすることも可能です。耳は変形せず、傷跡もほとんど分からなくなります。






医療法人財団今井会足立病院 京都ブレストセンター

沢井記念乳腺クリニック(乳腺外科)

住所:〒603-8052 京都市北区上賀茂松本町98(下鴨中通北山上ル一筋目北西角)
最寄り駅:地下鉄北山駅(2番出口から北へ徒歩2分)
電話:075-723-0811 FAX:075-723-0816

Copyright (C)沢井記念乳腺クリニック All Rights Reserved.
ページトップヘ