沢井記念乳腺クリニック手術について
乳がんについて
まずは検査をうけましょう

乳房再建術

乳がんで失われた乳房を取り戻す手術を乳房再建と言います。
最近の整容的ニーズの高まりから、当院では乳がんの手術はもちろんのこと、乳房再建にも力を入れています。
再建には2つの方法があります。自分の組織を使用する「筋皮弁法」と「インプラント法」です。筋皮弁法には背筋を使う方法と腹筋を使う方法があります。
また、インプラント法にも単純に挿入する方法と皮膚を引き伸ばしてから挿入する方法があります。挿入するインプラントにも生理食塩水やシリコンジェルが入ったものがあります。そのうえ、再建する時期も乳腺全摘術と同時に再建する一時的再建術と、あとで二期的に再建する二期的再建術があります。
どの方法を、いつ受けるか、様々な選択肢があります。担当医と充分に相談し、各個人にあった再建法を検討するのが良いでしょう。

再建の方法には次の2つがあります。それぞれに利点、欠点があります。

超音波下マンモトーム生検
患者さんの皮膚・皮下脂肪・筋肉を移植する方法です。
この手術は自分の組織で再建したいという患者さんや、放射線がかかっていてインプラントを使用できない患者さんに用います。胸部の乳房切除術による傷跡に加えて、背中にも傷跡を残します。背筋と腹筋を用いる方法があり、それぞれ「背広筋皮弁」「腹直筋皮弁」と呼ばれています。皮膚が足りているときは筋肉と脂肪だけで移植します。これを「筋脂肪弁」といいます。
当院では、術後の機能障害ができるだけ少ない背広筋皮弁による再建術を行っています。

可能性のある合併症
壊死
背広筋皮弁は背中の筋肉を剥がしますが、根元は切り離さずに血流を保ちます。しかし移植した皮膚や皮下脂肪は、ときには血の巡りが悪くなって腐ることがあります。これを「壊死」と呼びます。壊死しやすい原因としては下記のようなものがあります。
・肥満
・喫煙
・高血圧、糖尿病
ツギを当てたような外観
移植した皮膚は乳房の皮膚とは異なりますので、ツギを当てたように見えます。
採皮部の問題
背広筋皮弁の場合は、背中に斜めの傷が付き、皮膚がへこみます。背中のツッパリ感が強く出る人もいます。
非対称
背広筋の筋肉自体が乳房を作る主体となります。健側の乳房が大きい方は、この筋肉だけで乳房を再建するには少し分量が足りないことが多いこと、また筋肉というのは廃用性萎縮といって、使われなくなると萎縮してしまうため、乳房に移植されて必要な機能をしないと後から乳房が小さくなってしまい、左右対称にならないことがあります。
インプラント法
この方法はインプラントを被う健康な胸筋と十分な量の皮膚がある場合に限られます。脇の下、またはがん切除時の傷跡を切開し、胸筋の下につくった空間にインプラントを挿入します。胸の筋肉の下に人工乳腺を入れるだけの簡単な方法を「インプラント単純挿入法」といいます。皮膚に余裕がないときはティシュー・エキスパンダー(組織拡張器)と呼ばれる大きめのインプラントを入れ、皮膚が伸びてから通常のインプラントに入れ替える「組織拡張法」を行います。

組織拡張法
胸筋は残っていても十分な皮膚がない場合には、皮膚を引き伸ばしてから再建を行います。胸筋の下に組織拡張器と呼ばれる風船状の袋を挿入します。通常は外来で水を注入しながら風船を徐々にふくらまします。3ヶ月〜半年後、皮膚が十分に伸びて、インプラントの周囲に皮膜によるポケットが完成したら、組織拡張器を抜去しインプラントを挿入します。

可能性のある合併症
炎症、感染
自家組織でも炎症、感染のリスクはあります。しかし、これが起こった場合は人工物のほうが深刻になります。きっかけとしては、身体、精神への大きな負担、ストレス、疲労、感冒などです。エキスパンダーの入っているあたりが赤味を帯びたり、熱感を持ったら、局所を冷却して栄養と休養をとり、すぐに専門医の診察を受けてください。そうすればたいがいの場合は大事にいたらずに治ってしまいます。特に抗がん剤の点滴を受けている方や放射線照射を受けている方は注意が必要です。
皮膜拘縮
異物である人工乳房の周囲には人工物に対する自己防衛反応として皮膜(カプセル)が形成されます。そしてそれがさらに硬くなって締め付けられそうになることを皮膜拘縮といいます。最近の保険がきかないテクスチャー・タイプのエキスパンダーとソフトコーヒーシブシリコンが用いられるようになってからは、皮膜拘縮を起こす頻度は格段に減少しました。しかし、下記のような条件の方にはまだまだ皮膜拘縮は起こります。
・組織伸展中に炎症、感染を起こしたことのある例
・放射線照射例
・エキスパンダーを入れている期間が短かった例
・スムースタイプ(保険適応)のエキスパンダーを挿入していた例
・術後の出血や浸出液の貯留が多かった例
・喫煙例
非対称
人工乳房は既製品ですので、その中から健側と全く同じ大きさ、形のものを選び出すのは大変難しいことです。左右が全く対称的になるのは不可能ですが、何らかの原因で再建を早めなければならなかった場合や、これ以上生理食塩水が注入できなかった場合、また皮膜拘縮が起きてしまった場合は非対称になることがあります。

乳輪・乳頭の再建
乳房のふくらみが再建されて数ヶ月を経てから、乳輪、乳頭の再建を行うことが一般的です。乳輪乳頭は位置が少しでもずれるとおかしくなってしまうため、乳房の大きさ、形が落ち着いてから行うことをおすすめしています。
(1)健側からの移植
(2)鼡径部からの移植
両方法とも局所麻酔が可能です。(1)乳輪・乳頭を健側から移植する方法は、つまみ出すことが可能な乳頭が再建できます。健側は少し小さくなりますが、感覚も変わらず、傷は全くわからなくなります。健側に採取するだけの大きさがない場合や、両側の再建を行っているケースでは、(2)乳輪は鼡径部から植皮し、乳頭は再建された乳房の皮膚を切って組み立てる局所皮弁で再建する方法が用いられます。この方法だと、乳頭の支柱が柔らかく、ブラジャーの装着やうつぶせ寝でつぶされると、平坦化しやすくなります。支柱をしっかりさせるために耳の軟骨を一部採取し、支えにすることも可能です。耳は変形せず、傷跡もほとんど分からなくなります。


copyright