沢井記念乳腺クリニック手術について
乳がんについて
まずは検査をうけましょう

乳房温存手術

乳癌の手術としてかつては乳腺と乳房の皮膚とともに胸の筋肉まで取ってしまう定型的乳房切除術(ハルステッド手術)が主流でしたが、現在は乳房切除術の場合も大胸筋や小胸筋は残すことが一般的です。主に乳房内にがん組織が広く存在する場合や乳頭直下にがんが存在する場合は乳房部分切除術を行ってもがんを取り残したり温存した乳房の整容性が良くないため、この術式が必要となります。大切なことは乳房切除術を勧められたからと言って必ずしも進行がんではないということです。さらに当院では皮下の乳腺のみを全摘し、広背筋皮弁やインプラントで一期的に再建するという根治性と整容性を両立できる手術も積極的に行っています。
なお術後の上肢の運動障害やリンパ浮腫の程度は乳房を切除するか温存するかではなく、主に腋窩リンパ節を郭清するかどうかによります。さらに乳房切除術と乳房温存術は遠隔転移や生存率には差がありませんが、乳房切除術では局所再発のリスクが少なくなりますし、原則、術後の放射線治療も不要です。

胸筋合併乳房切除術
胸筋温存乳房切除術


copyright