京都の乳腺外科、乳がん・乳腺専門クリニックの沢井記念乳腺クリニック

ご予約・お問い合せはこちら

手術について


乳房温存手術


乳房温存手術には乳房扇状切除術、乳房円状切除術、乳腺腫瘍摘出術などがあります。病巣の大きさや広がり、病理組織などによって切除範囲を設定します。

近年、乳房温存手術の普及に伴ってとかく乳房温存率が高ければ高いほど優秀な施設であるといった風潮がありますが、温存手術を受けても乳がんが残ってしまっては何にもなりません。
基本的に腫瘍径が小さい広範囲の乳管内進展がない多発病変でない術後の放射線治療が可能であるといった条件があります。

また術前化学療法や側胸部脂肪や広背筋皮弁による同時再建術を行うことによって本来なら乳房温存手術が難しい方でも可能になる場合があります。

「乳房を残したいけど、温存乳房内の再発が気になる」と不安を感じる患者さんが多くおられます。当院では乳房専用のMRIや乳腺エコーを駆使することによって病巣の広がりを正確に診断することによって最小限でしかも完全に切除するよう努めております。また術後、乳房MRIを定期的に行うことで、温存乳房と健側乳房が問題ないか入念にチェックしております。


乳房扇状部分切除術

乳房円状切除術

腫瘍摘出術






医療法人財団今井会足立病院 京都ブレストセンター

沢井記念乳腺クリニック(乳腺外科)

住所:〒603-8052 京都市北区上賀茂松本町98(下鴨中通北山上ル一筋目北西角)
最寄り駅:地下鉄北山駅(2番出口から北へ徒歩2分)
電話:075-723-0811 FAX:075-723-0816

Copyright (C)沢井記念乳腺クリニック All Rights Reserved.
ページトップヘ