沢井記念乳腺クリニック乳がんについて
乳がんについて
まずは検査をうけましょう

乳がんの根治治療

現在、乳癌の手術方法としては胸筋合併乳房切除術、胸筋温存乳房切除術、皮下乳腺全摘術、および乳房温存手術(乳房扇状部分切除術、乳房円状部分切除術など)があります。従来広く行われてきた乳房切除術に代わって現在では乳房温存手術が増えています。ただし腫瘍径が3cm以下、広範囲の乳管内進展がない、多発病変でない、術後の放射線治療が可能であるといった制約があります。術前化学療法を行ったうえで乳房温存手術が可能になる場合もあります。主治医とよく相談して術式を決めていただくことになります。また最近では術前の検査で腋窩リンパ節の転移が確認されない場合は、手術で腋窩のリンパ節を完全に切除する代わりにセンチネルリンパ節生検といって乳腺に一番近いリンパ節だけを試験的に切除する方法が広がりつつあります。当院では広く一般に行われている色素法と呼ばれる方法に加え、術前に行うRIリンフォグラフィという方法を併用することによってより確実なセンチネルリンパ節生検を行っています。
また通常の手術では切除が難しい進行した症例や局所再発の症例でも術前の化学療法やホルモン療法を行ったり、形成外科的な手法を併用することによって切除が可能になる場合があります。
通常の場合、手術の前日に入院して頂き、術翌日あるいは3〜4日で退院が可能です。

→手術についてページへ




copyright