沢井記念乳腺クリニック乳がんについて
乳がんについて
まずは検査をうけましょう

乳がんの発見法

早期に乳がんを発見する方法には、マンモグラフィと超音波検査の2つの検査があります。マンモグラフィでは、腫瘤像、石灰化、その他の所見により早期の乳がんを発見することが出来ます。このうち石灰化は、同じ乳がんでも転移することがない早期中の早期である非浸潤がんの段階で乳がんを発見することが出来ます。しかし、マンモグラフィは40歳未満の若い女性は、腫瘤像が写りにくい欠点があります。一方超音波検査は、年齢に関係なく大きさ5mm以上の浸潤がんを発見することが出来ます。すなわち、マンモグラフィと超音波検査の両方を行えば確実に早期の乳がんを発見することができます。ただし、血性乳頭分泌や乳頭乳輪部びらんがある場合には、診察のみで乳がんを発見することが出来ます。

→検査についてページへ




copyright