沢井記念乳腺クリニック乳がんについて
乳がんについて
まずは検査をうけましょう

乳がんに対する放射線治療

乳がんに対する放射線治療は、乳房温存術後に乳房内再発防止のための照射、乳房切除後のリンパ節再発防止のための照射、およびリンパ節、脳、骨などの再発に対する照射の3つに分けることが出来ます。乳房温存術後に放射線治療をすると乳房内再発率を1/3に減らすことが出来ます。小さな非浸潤がんを1cm以上離して取れたときは、放射線をしないでも再発率はきわめて低いです。逆に切除した乳腺の端っこ(断端)に乳がん細胞がある場合は再発率が高いので放射線の意義は高くなります。大きな乳がんやリンパ節転移が多い乳がんに対して乳房切除術を行った場合には、胸壁および鎖骨上リンパ節の再発防止のための放射線治療を行います。手術後のリンパ節転移に対しても放射線治療は有効です。痛みを伴う骨転移に放射線治療を行うと、多くの場合痛みを軽くすることが出来ます。脳転移に対しては特殊な放射線治療が有効です。




copyright