京都の乳腺外科、乳がん・乳腺専門クリニックの沢井記念乳腺クリニック

ご予約・お問い合せはこちら

乳がんについて


再発転移について

再発の治療は、局所再発と遠隔転移の場合で大きく異なります。

局所再発の場合は、再発巣を手術や、必要に応じて放射線療法や薬物療法を行い、さらなる局所再発や遠隔転移を予防します。

一方、遠隔転移の場合は、がんの治癒を目指すのではなく、がんの進行を抑えたり症状を和らげたりしてQOL(生活の質)を保ちながら、がんと共存するための治療を行います。


局所再発の治療

局所再発のみで遠隔転移のない場合は,治癒を目指して治療します。


遠隔転移の治療

遠隔転移は、骨や肺・肝臓などの遠隔臓器に乳がんが出てきたものですが、画像でみえている場所以外にも目にみえないがん細胞が潜んでいると考えられます。現在の治療法では、これらの全身に潜んでいるすべてのがん細胞を根絶するのは難しいのが現状です。

遠隔転移の治療は、からだ全体に効果があることが必要ですので、薬による治療が基本となります。

乳がんに有効な薬にはさまざまなものがあり、効果をみながら治療を続けます。






医療法人財団今井会足立病院 京都ブレストセンター

沢井記念乳腺クリニック(乳腺外科)

住所:〒603-8052 京都市北区上賀茂松本町98(下鴨中通北山上ル一筋目北西角)
最寄り駅:地下鉄北山駅(2番出口から北へ徒歩2分)
電話:075-723-0811 FAX:075-723-0816

Copyright (C)沢井記念乳腺クリニック All Rights Reserved.
ページトップヘ