京都の乳腺外科、乳がん・乳腺専門クリニックの沢井記念乳腺クリニック

ご予約・お問い合せはこちら

乳がんについて


自己検診について

[乳がんは早期に発見し、治療をすれば治るがんです]

乳がんは自分で発見できる数少ないがんの一つであり、自己検診が大切です。月に一度は自己検診を行ってください。
自己検診で乳房の変化を感じた人は、乳がん検診を待たずに、医療機関を受診してください。

なお,自己検診の方法は、下図を参考にしてください。
自己検診だけでは乳がんの早期発見には不十分ですから、自己検診で異常がなかった人も、乳がん検診を定期的に受けましょう。また、乳がん検診で「異常なし」といわれた場合でも、自己検診は続けましょう。

マンモグラフィによる集団検診の対象とはなっていない40 歳未満の人も、自己検診をしっかり行うことが大切です。

<自己検診の方法>

a:鏡に向かい、腕を上げて、乳房の変形や左右差がないかをチェックする。
b:渦(うず)を描くように手を動かして、指で乳房にしこりがないかをチェックする。
c:仰向けになって外側から内側へ指を滑らせ、しこりの有無をチェックする。

<実施時期>

閉経前の人は,月経終了後1 週間くらいの間に行う(排卵から月経終了までは乳房が張るため)。
閉経後の人は毎月,日にちを決めて行うとよい。






医療法人財団今井会足立病院 京都ブレストセンター

沢井記念乳腺クリニック(乳腺外科)

住所:〒603-8052 京都市北区上賀茂松本町98(下鴨中通北山上ル一筋目北西角)
最寄り駅:地下鉄北山駅(2番出口から北へ徒歩2分)
電話:075-723-0811 FAX:075-723-0816

Copyright (C)沢井記念乳腺クリニック All Rights Reserved.
ページトップヘ