沢井記念乳腺クリニック検査について
乳がんについて
まずは検査をうけましょう

病理検査

当クリニックには専用の病理検査室に専任の検査技師が常駐して、乳腺診療に欠かせない病理検査を院内で行っております。 乳腺の診療における病理診断の目的は次のようなものがあります。

乳腺エコーやマンモグラフィで乳腺に何か病変があった場合、それが悪性なのか、良性なのかを最終的に診断する。
万一、その病変が乳がんであった場合、それがどのような種類の乳がんなのか、悪性度はどれくらいか、再発のリスクはどれくらいなのかなどさらに細かく分析する。
その乳がんに対してホルモン療法が有効なのか、ハーセプチンが有効なのか、など、最適な治療法をあらかじめ推定する。
手術中に腋窩リンパ節の転移があるのかどうかを診断する。
手術で病変が完全に切除できたのか確認する。
胸水や腹水が貯留した場合、その中にがん細胞が存在しないかどうか確認する。

乳腺の病理診断のためには乳腺の組織を少しとってきて顕微鏡で観察する必要があります。その方法としては細胞を採取して悪性の細胞がいないかどうかを調べる細胞診と、針生検などである程度の量の組織を採ってきて病変の構築まで調べる組織診とがあります。乳腺組織の吸引細胞診では悪性か良性かの診断がつかないことがあったり、乳がんであった場合のレセプターのテストができないなどの理由から、当クリニックでは原則として組織診によって乳腺の病理診断を行っています。
また従来なら針生検が難しく局所麻酔で切除生検を行っていた病変でもほとんどの場合、小さな切開で行われるマンモトーム生検で診断が可能です。
採取した標本からプレパラートが作成され、京都府立医科大学の病理医によってさまざまな観点から診断されます。さらに通常の形態学的な観察では診断が難しい場合や、ホルモン療法が利くのかどうかなどの検索には免疫組織診断という手法で細胞を染め分けたり、レセプターの分析を行ったりします。

また手術中に採取した腋窩リンパ節はすぐに標本化され、京都府立医科大学の病理診断部でがんの転移の有無を診断してもらい、手術中に腋窩のリンパ節を切除するかどうか手術の方針を決定します。

さらに最近では保険適応外にはなりますがOncotype DXなどの方法で生検した標本の遺伝子を解析し、将来の再発リスクを予想することができるようになりました。



copyright