沢井記念乳腺クリニック検査について
乳がんについて
まずは検査をうけましょう

センチネルリンパ節生検
センチネルリンパ節生検とは
腋窩(わきの下)には、10~15個のリンパ節があります。このうち乳がんが最初に転移するリンパ節をセンチネルリンパ節(見張りリンパ節)と名づけています。センチネルリンパ節に転移がなければ、その先のリンパ節にも転移がないと判断し、腋窩リンパ節郭清を省略することができます。

方法
色素法、RI(ラジオアイソトープ)法があります。当院では、より確実にセンチネルリンパ節を見つけるために、色素とRIを併用する方法を用いています。センチネルリンパ節生検は乳がんの手術と同時に行うことができます。

当日
乳がん切除術の前にセンチネルリンパ節を取りだし、腋窩リンパ節に転移がないかどうかを正確に判断します。手術直前にRI検査室で乳がん直上の皮膚にアイソトープをごく少量注射します。リンパ管をつたったアイソトープがセンチネルリンパ節に到達し、画像上に描出されるので、マーキングを行います。手術中には、マーキングした目印と、さらにリンパ管に注入した色素から、センチネルリンパ節を探し出して、このリンパ節にがんが手にしていないかどうかを調べます(術中迅速診断)。



copyright