京都の乳腺外科、乳がん・乳腺専門クリニックの沢井記念乳腺クリニック

ご予約・お問い合せはこちら

検査について


MRI検査


MRI検査とは

MRI検査は強い磁石と電波を使い、身体(頭部、躯幹部、四肢)の内部構造を精密に観察する検査です。

検査時間におおよそ20分を所要しますが、動きに弱い検査なのでなるべく動かないようにご協力お願いします。大きな音が鳴りますが、放射線被曝もなく安全ですので、安心して検査を受けてください。

乳房MRIの検査の質と生理周期には関連があり、画像上で乳腺が目立たない時期:月経開始後5日から12日間をおすすめしております。


何がわかる?

当院で使用しているのは1.5T(テスラ)MRI装置です。最新の乳房専用コイルを用いて撮像します。

乳房の画像診断に関しては、他の検査法では発見できない小さな乳がんを診断することができます。また、乳房だけでなく、身体のあらゆる部分に対しても非常に明瞭に描出することができます。


MRI造影剤

検査目的によって造影剤を静脈内に注射します.使用する造影剤は、ガドリニウム造影剤と呼ばれるものです。

これは以前から使用されている安全な薬ですが、他の薬剤と同様に副作用を完全に回避することはできません。問診にてアレルギーの有無を確認し、副作用のリスクを十分に説明した上で検査を行います。健康な方では、12時間以内に大半が腎臓から排出されます。造影検査終了後は、積極的に水分を摂って下さい。






医療法人財団今井会足立病院 京都ブレストセンター

沢井記念乳腺クリニック(乳腺外科)

住所:〒603-8052 京都市北区上賀茂松本町98(下鴨中通北山上ル一筋目北西角)
最寄り駅:地下鉄北山駅(2番出口から北へ徒歩2分)
電話:075-723-0811 FAX:075-723-0816

Copyright (C)沢井記念乳腺クリニック All Rights Reserved.
ページトップヘ