京都の乳腺外科、乳がん・乳腺専門クリニックの沢井記念乳腺クリニック

ご予約・お問い合せはこちら

検査について


超音波下針生検


腫瘍が乳がんかどうか、乳がんの場合、ホルモン療法やいろいろな抗癌剤に感受性があるかどうかなどを調べるときに、細胞診の針よりもやや太い針を刺してマッチの軸ぐらいの太さで10〜20mmの長さの組織を特殊な器械でバネの力を利用して抜き出すことが出来る検査法です。あらかじめ局所麻酔を行いますのでほとんど痛くありません。

穿刺吸引細胞診よりも取れる組織量が多いので、より正確な診断をすることが出来ます。もし検査の結果が乳がんだった場合、ホルモンレセプターやHER2蛋白(遺伝子異常)も取れた組織の検査で分かるので、どんなお薬が効くのかが分ります。


針生検 細胞診
メリット 正確な診断が可能
乳がんのホルモン受容体やHER2の状況などを診断できます
針が細いので局所麻酔が不要
からだへの負担が少ない
デメリット 局所麻酔が必要
刺した部分に血の塊ができることがある
細胞診に比較するとからだへの負担がやや多い
診断を確定するのが難しい
基本的に乳がんのタイプを調べることができない





医療法人財団今井会足立病院 京都ブレストセンター

沢井記念乳腺クリニック(乳腺外科)

住所:〒603-8052 京都市北区上賀茂松本町98(下鴨中通北山上ル一筋目北西角)
最寄り駅:地下鉄北山駅(2番出口から北へ徒歩2分)
電話:075-723-0811 FAX:075-723-0816

Copyright (C)沢井記念乳腺クリニック All Rights Reserved.
ページトップヘ