沢井記念乳腺クリニックご挨拶
乳がんについて
まずは検査をうけましょう

院長 藤田佳史

近年、日本でも乳癌の発症が急速に増加し、日本人女性の約16人に1人が一生の間に乳癌に罹患するといわれております。

当クリニックはこのような現状に対して理想的な診療を行うために最新の診断装置、快適な入院施設、および外来化学療法室を備えた乳腺専門のクリニックとして2006年11月故沢井清司前院長によって開設されました。

2010年8月より医療法人財団今井会足立病院沢井記念乳腺クリニックと名称を変え今日に至っております。

この間当院が一貫して目指してきたことは乳腺疾患の正確で迅速な診断と、日々進歩する高度で専門的な乳癌の治療を患者様に提供するとともに、精神的あるいは社会的な側面を含めてトータルに患者様と向き合うことです。

そのために医師のみならず看護師や技師、薬剤師、臨床心理士など全ての医療スタッフと共に患者様に信頼していただける医療を目指しております。



copyright