京都の乳腺外科、乳がん・乳腺専門クリニックの沢井記念乳腺クリニック

ご予約・お問い合せはこちら

薬物療法について


薬物療法について

非浸潤がんのように乳がんが乳管内にとどまっている場合には、ほとんどが手術や放射線療法などの局所治療だけで治癒します。

しかし、浸潤がんの場合、発見された時点で血液やリンパの流れにのってがん細胞が体内のあちこちへ運ばれ、どこかに潜んでいる可能性があります。

画像検査でみつからないような小さな微小転移やどこかに潜んでいるがん細胞を根絶する目的で、薬物療法を行います。

乳がんは、ホルモン受容体、HER2、がん細胞の増殖性(Ki67値)やマルチ遺伝子検査などの要素によって、サブタイプに分類されます。サブタイプによりがん細胞の性質が異なること、それぞれに適した薬物療法を選ぶ必要があります。

サブタイプ詳細治療法
ホルモン受容体陰性
HER2陰性
トリプルネガティブと言います 抗がん剤
ホルモン受容体陰性
HER2陽性
HER2陽性はガイドラインに準じる 抗がん剤+トラスツズマブ
ホルモン受容体陽性
HER2陽性
HER2陽性はガイドラインに準じる 抗がん剤+トラスツズマブ
+ホルモン療法
ホルモン受容体陽性
HER2陰性
(Luminal A-like)
遺伝子検査で低リスク
またはER/PgR高値、Ki67低値、grade 低
ホルモン療法
⇅ 中間型 遺伝子検査
(OncotypeDXにて中間リスク)
ホルモン受容体陽性
HER2陰性
(Luminal B-like)
遺伝子検査で高リスク
またはER/PgR低値、Ki67高値、grade 3
抗がん剤+ホルモン療法





医療法人財団今井会足立病院 京都ブレストセンター

沢井記念乳腺クリニック(乳腺外科)

住所:〒603-8052 京都市北区上賀茂松本町98(下鴨中通北山上ル一筋目北西角)
最寄り駅:地下鉄北山駅(2番出口から北へ徒歩2分)
電話:075-723-0811 FAX:075-723-0816

Copyright (C)沢井記念乳腺クリニック All Rights Reserved.
ページトップヘ