京都の乳腺外科、乳がん・乳腺専門クリニックの沢井記念乳腺クリニック

ご予約・お問い合せはこちら

薬物療法について


ホルモン療法

乳がんには、女性ホルモンをエサに増殖するものと、そうでないものがあります。

ホルモン剤は、がんのエサである体内の女性ホルモンを減らしたり、がん細胞が女性ホルモンを取り込むのを邪魔したりすることで、がんの増殖を抑えます。

ホルモン療法の効果が期待できるのは、女性ホルモンを取り込んで増殖する性質をもった乳がんで、「エサを取り込む口」である「ホルモン受容体」を持っており、乳がん患者さん全体の70〜80%です。

ホルモン療法が効くかどうかは、手術や針生検によって採取した乳がん組織を調べて判断します。

ホルモン療法は、ホルモン受容体を持っている乳がん患者さんの初期治療として行うことで、再発や転移の危険性を半分ほどに減らします。

ホルモン受容体「陰性」

ホルモン受容体「陰性」

ホルモン受容体「陽性」

ホルモン受容体「陽性」

〈ホルモン剤の種類〉

○体内の女性ホルモンの量を減らす方法
    LH-RHアゴニスト製剤、アロマターゼ阻害剤

○がん細胞がエストロゲンを取り込むのを邪魔する方法
    タモキシフェン、トレミフェン、フルベストラント






医療法人財団今井会足立病院 京都ブレストセンター

沢井記念乳腺クリニック(乳腺外科)

住所:〒603-8052 京都市北区上賀茂松本町98(下鴨中通北山上ル一筋目北西角)
最寄り駅:地下鉄北山駅(2番出口から北へ徒歩2分)
電話:075-723-0811 FAX:075-723-0816

Copyright (C)沢井記念乳腺クリニック All Rights Reserved.
ページトップヘ